これ1冊でできるわかる事業計画書のつくり方 CD-ROM付 (これ1冊でできる・わかる)

事業計画書の具体的書き方

事業計画書ビジネスプラン)は、いくら立派に仕上げても、100点満点というのがありません。

良い事業計画書が出来たと思っても、後からその書き方を見直せば、改善点に気づきますし、違う人が書けば、全然違った事業計画書の書き方になります。
事業計画書のサンプル雛形フォーマットなども絶対にこうでないといけない、というのでもありません。。
事業計画書のサンプ>、雛形、フォーマットなども少しずつ、パターンが違っているはずです。

事業計画書の書き方で大切なのは、当該事業について、具体的な書き方をすることです。
こうした書き方の、具体的ポイントは、意外と、サンプル、雛形フォーマットには、出ていないことが多いようです。

例えば、仕入れはどの会社からするのか、メニューや品揃えの中身、近くの競合店を調査したのなら、何時に何人が入店したとかなど、具体的な書き方を心がけてください。
そうすることで、事業計画書に迫力がでます。動機や経歴なども具体的に書いてください。

事業計画書を具体的に書くと言うことは、当該事業に対する熱意を一番伝える説得力のある方法なのです。

サンプル雛形フォーマットについては、下記の無料レポートも参考になります。

事業計画書(ビジネスプラン)作成に役立つ無料レポート◇
【図解】 企画書・事業計画書の書き方!〜新規事業、独立開業に役立つ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24049588

この記事へのトラックバック
SEO対策:起業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。